求人の情報はネットで簡単に収集できる【転職にかかる費用】

古い歴史を持つ

その歴史は、明治初期にまで遡ることができる

精神科の歴史はけっこう古いです。明治初期にすでにそれに類似する施設が設立されました。その後様々なことがあり、明治33年に「精神病者監護法」が制定されたのです。しかし当時はまだ精神障害に関しての治療法はなく、精神病患者にとっては大変に過酷な時代だったと言えます。その後大正8年に「精神病院法」が制定されました。しかしながら精神病院の設置は予算不足の影響でなかなか進まなかったのです。戦後の昭和25年に「精神衛生法」が制定されるに至って、精神病院の数も徐々に増えて行きました。その後様々なことが起きたこともあり、公的な精神科病床の数よりも、民間の精神科病床の数の方が多くなっていったのです。そして今でも民間病院の数の方が圧倒的に多く、なんと全体の9割を占めているのです。

精神科の医師不足を解決する方法が、求められている

精神科医療に関しては、今後も研究するべきことはたくさんあります。しかし身近な問題として精神科の医師不足が挙げられます。精神科は昔のような特異な人達だけが通うものではなくなり、うつ病の人や拒食症の人、アルコール依存症の人など多くの人が通うようになったのです。そのため精神科の数が多くなったために医師求人を出す病院が増えたのです。最近では、うつ病やアルコール依存症の人の数も増えているので精神科が増やす必要があるのですが、医師の数がそれに追いついていないのが現状です。そのために医師求人を出しているのですが、医師求人を出してもなかなか医師が集まらないのは、その大変さにあります。たくさんの人が毎日診察に来るので、その忙しさの為に辞めてしまう医師も多くいるのです。そのためもあって好待遇で医師求人を出す病院が数多くあります。それでもなかなか集まらないのが現状なのです。ですから今後精神科の医師不足をどのように打開するか、その解決法が求められているのです。

Copyright (c) 2015 求人の情報はネットで簡単に収集できる【転職にかかる費用】 all reserved.